携帯なんか見るんじゃなかった…不倫確定

携帯なんか見るんじゃなかった…不倫確定

このページでは、ケース5「夫の携帯を盗み見た妻」をご紹介します。

夫の携帯なんて見るんじゃなかった…

この間、夫と正式に離婚しました。原因は夫の不倫です。

夫に非があったことは間違いないのですが、この離婚に至るまでの期間は狂いそうになるくらい辛い期間でした。

当時私たち夫婦は、共働きのどこにでもいるような平凡な夫婦でした。私も夫との生活に不満などありませんでしたし、夫もそう思ってくれていると信じていました。けれどいつごろからか、夫の様子が違ってきたことに気付いたんです。「まさか浮気?」そんな不安が日ごとに膨らんでいって、夫の行動の一つ一つがとてつもなく気になって仕方ありませんでした。

そんなある日、いつも手放さない夫の携帯が、目の前に転がっていたのです。夫への不倫疑惑がMAXになっていたこともあり、つい夫の携帯メールをチェックしてしまいました。

案の定そこには、知らない女からの歯の浮くようなメールが…。

ショックで逆上してしまい、携帯を握りしめたまま夫に浮気を問い詰めました。そうしたら「なんて奴だ!」と逆ギレされ、激しい大喧嘩に。

それ以降夫婦関係はギクシャクしたものとなり、挙句「携帯を見たお前が悪い。」と責任を転嫁するような捨て台詞を残し、夫は不倫相手のもとへ行ってしまいました。

本当に、離婚が成立するまでの苦しい日々を思うと、携帯なんか見るんじゃなかったと思わない日はありません。けれど、あの日携帯を見なくても、いずれ夫の不倫は発覚し、私たちは離婚していたと思います。

携帯電話のチェックの是非

不倫の証拠は携帯に…携帯を使っての情報交換が当たり前となった今日、夫の浮気の暴露も携帯から、という事例がほとんどとなってきました。

このように現在では、夫の秘密を知りたかったら夫の携帯に聞け!というのが王道となり、その携帯チェックをめぐってのトラブルも増加の傾向にあります。

上記の事例は、まさにこの携帯トラブルの典型で、妻が夫に無断で携帯電話というプライバシーを侵害したため、夫に浮気の責任転嫁をさせる要因を与えてしまいました。

確かに、携帯電話は浮気の証拠として重要な物ですが、見たことがばれると相手のガードが固くなり、浮気の証拠を掴みづらくなってしまいます。また、慰謝料などで妻の不利となってしまう場合もあるのです。

夫の携帯をチェックする時には、慎重にかつ夫には知られないように行う必要があります。また、証拠のメールなどは転送するか写メに撮るかして、別のデータに保存しておくと、後に証拠として役立ちます。

ABOUT ME
悩み辞典 管理人
累計相談数15,000件以上の相談サイト悩み辞典の管理人。弁護士や精神科医心理カウンセラーと仕事をして不倫や離婚相談にも多くの知見を持っている。
関連記事