調停離婚の費用は?

調停離婚の費用は?

家庭裁判所にて離婚の調停を行う時にかかる費用についてご紹介します。

協議離婚と調停離婚の違いと費用

調停離婚の費用とは?「協議」「調停」ともに離婚を成立させるには、基本的に夫婦の合意が必要となります。

夫婦で離婚についての話し合いを行い、そこで合意に至り離婚を成立させることを「協議離婚」と言います。

これに対して「調停離婚」とは、この夫婦の協議で離婚についての合意がなされなかった場合、家庭裁判所へ離婚の申し立てを行い、調停委員と家事審判官の仲立ちにより、家庭裁判所で再度合意に至るべく調停をし、離婚を成立させることを言います。

調停離婚をするためにかかる費用

家庭裁判所に調停離婚の申し立てを行う場合、その申し立てにお金は発生しません。調停費用として必要なのは、収入印紙代900円と切手代約800円のみとなります。

それに付け加えて、裁判所までの交通費や食費といった必要経費がかかりますが、それを鑑みても「調停離婚」にかかる費用は、それほど高額ではありません。しかし、その先の裁判も見越し弁護士を依頼すると、それに加えて弁護士料が発生しますので、思ったより高額になってしまうケースもあります。

離婚事由がそれほど難しくなく、相手との話し合いもスムーズにいきそうな場合なら、自分で調停をすすめていくというのも、一つの選択肢です。

弁護士へ依頼した場合の費用は?

「相手と顔を合わせたくない」「法的なことはお任せしたい」などの理由で、調停離婚で弁護士を依頼する人は少なくありません。

弁護士に依頼した場合、下記のような費用が発生します。

法律相談…1時間で約5,000円~10,000円位。
弁護依頼…着手金が20万円~30万円、成功報酬が金銭的な利益の10~20%

上記をトータルして考えると、調停離婚における弁護士への報酬額は、50万円以上であることがわかります。

やはり高額となりますから、弁護士の中には分割払いでの報酬の支払いを認めてくれる方もいらっしゃいますので、思い切って相談してみてください。

また、裁判にまで発展するであろうことを予測できる場合は、始めから「調停離婚」と「離婚訴訟」をセットで依頼しておくと、その都度依頼するよりは料金が安くしてもらえる事があります。

ただしその場合、「調停離婚」が成立し訴訟まで至らなかったとしても、報酬は当初の契約通りとなりますので、ご注意ください。

ABOUT ME
悩み辞典 管理人
累計相談数15,000件以上の相談サイト悩み辞典の管理人。弁護士や精神科医心理カウンセラーと仕事をして不倫や離婚相談にも多くの知見を持っている。
関連記事