夫の浮気・不倫が原因で離婚 離婚の方法と気をつける点

離婚問題の中でも、数も多い上に、悩みが深いのが「浮気」や「不倫」による離婚問題です。
「浮気」「不倫(不貞)」は離婚の原因としては“性格の不一致”の次に多く常に多くの夫婦を悩ませています。
特に夫が行うケースが多く、社会問題ともいえるほど世の中で行われており女性を苦しめています。

今回は、夫が浮気・不倫をした場合の離婚の方法と、離婚に際して気をつける点をご紹介させて頂きます。

夫の浮気で離婚できるか?

浮気や不倫は数も多い上に、悩みが深い離婚問題の一つです。
まずは、どういう状況が浮気・不倫であり、離婚可能な理由になるのか、確認しておきましょう。

離婚できる浮気・不倫

民法770条1項において、不貞行為が法廷離婚事由に該当するとされています。
つまり、法律上では夫が浮気や不倫などで妻以外と肉体関係を持った場合、離婚できることになっています。

不貞行為とは?

夫の浮気で離婚夫婦はお互いに配偶者以外と性的な関係を持ってはいけないという「貞操義務」を負っています。

それに反して、浮気や不倫で妻以外の女性と肉体関係を持った場合、夫は不貞行為を行ったことになります。

裁判離婚で夫の浮気を理由にする場合、夫の不貞を証明する「性行為を確認ないし、推認できる証拠」を提出しなければなりません。

認められる証拠:写真やビデオなどの映像

愛人とラブホテルに出入りしている場面ならば、「ラブホテル=性行為目的」である為、証拠として認められます。

逆に、愛人宅に出入りしている場面や愛人との旅行などは、肉体関係のみを目的としているとは言えないので、不貞行為の証拠として採用されません。

不貞行為と言い切れない「一回限りの浮気」

裁判離婚では、夫の浮気によって「婚姻を破たんさせたかどうか」がポイントになります。その為、一回限りの浮気であり、さらに夫が反省を見せるなどした場合、浮気された妻からの離婚請求は認められません。

しかし、たった一度であっても、「夫を許すことができず、結婚生活を続けることが困難になった」、「夫の一度の過ちで夫婦生活は破たんした」という主張の場合、「不貞行為」ではなく「婚姻を継続しがたい重大な事由」という理由で離婚請求が可能です。

度重なる浮気でも、一度きりだったと夫に主張され、さらにその一回分の浮気の証拠しかない場合では、離婚が認められるのは難しくなります。確実に離婚する為には、2~3回程度の浮気の証拠をおさえる必要があります。

※不貞行為についてはこちらでも詳細を記載させて頂いています。
不貞行為とは?どこからが不貞行為で慰謝料請求はできるのか

浮気した夫からの離婚請求はできる?

原則として、浮気した側(有責配偶者)からの離婚請求は認められません。特に未成年の子どもがいる場合や、専業主婦で離婚されると経済的に困難な立場になる場合などは、認められていません。
しかし別居の期間が長期であったり、実質婚姻関係が破たんしているようであれば、有責配偶者からの離婚請求が認められる判例もあります。

夫の浮気・不倫を感じたら何をすればよいの?

実は多くの女性が「最近夫の様子が怪しい」と感じても、すぐに離婚を考えないというの現状です。
すぐにでも問い詰めたい気持ちがあるかと思いますが、ここはグッとこらえて冷静に進めていくようにしましょう。
具体的には次の3つを初期段階では行います。

1)浮気(不倫)の証拠を確保する
2)相談をして情報収集をする
3)離婚後のことを考える

1)浮気・不倫の証拠を確保する

離婚する・離婚しないに関わらず、浮気・不倫の証拠を確保するのが第一です。
前述したように「不貞行為」は離婚可能な理由になりますが、中途半端な証拠では不貞行為とは認められず、本当の意味で浮気や不倫の解決に繋がりません。
まずは、夫の浮気・不倫の証拠を見つけるようにしましょう。

2)相談をして情報収集

浮気・不倫の問題はいかに確実な情報をもっているかで最終的なゴールの位置が変わります。そのために、情報を集めるようにしましょう。
具体的な相談先として
・弁護士・離婚経験のある友人・法テラス・ネットの掲示板 など
があります。
専門家に聞くことができれば一番良いですが、お金もかかりますのでまずは友人やネットの掲示板で情報収集するのが良いです。
また、信頼していた夫の浮気となると気持ちが動転し冷静な判断ができなくなりますので、メンタルケアとして専門家や友人に相談をしてみましょう。

3)離婚後のことを考える

証拠もあり、ご自身である程度冷静な判断ができるようになりましたら“離婚後のこと”を考える時間を作りましょう。
【住む場所はどうするのか】【自立できるのか】【子どもはどのように育てるのか】など、離婚をするにしても解決しないといけない問題はたくさんあります。
離婚後の自分がどのような生活をしていくのかを考えていきましょう。

離婚の方法とは?

夫の浮気・不倫が原因で離婚を決意した場合、実際に離婚はどのように進むのかみていきましょう。
離婚が成立するには3つのパターンがあります。

○協議離婚
○離婚調停
○離婚裁判

「離婚」と聞くと離婚裁判を思い浮かべる人も多いかと思いますが、実は9割の夫婦が【協議離婚】なんでんです。
協議離婚とは、夫婦の話し合いで離婚を目指す形になります。
この協議離婚で決まらなかった場合、次の【離婚調停】になります。
離婚調停とは、家庭裁判所に調停の申立をすることで、夫婦間で離婚の話し合い(協議)ができないとき、または話が進まないときに、裁判所に間に入ってもらって離婚をするかや、離婚の条件を話し合う手続きをします。
この離婚調停でも決まらない時に【離婚裁判】をして、裁判で離婚を決定することになります。

ですので、ほとんどの夫婦は【協議離婚】つまり夫婦の話し合いで離婚をしているんです。

離婚についての話し合い

離婚についての話し合いについてもみてみましょう。
大きく次の4点が話し合いのポイントになるかと思います。

○慰謝料

夫が浮気・不倫の場合、慰謝料を浮気相手に請求することができます。
ただし、相手にも家庭がある場合は相手の旦那から慰謝料請求されることもありますので、状況を把握してできれば専門家に相談をしながら進めて下さい。

慰謝料が増額するケース
・浮気相手が自身の家庭を壊すつもりで意図的に浮気した
・長年に渡り浮気が行われていた
・浮気行為が明らかであるにも関わらず否認を続けた
・以前にもう浮気はしないと約束しつつも再度浮気をした
・浮気相手との間に子供が出来た
・配偶者の浮気が原因でうつ病など精神的な病にかかった
・夫婦間には子供がいるのに浮気をした
・配偶者が高額な収入や資産を所持していた

○財産分与

家やその他財産についてはどのように分けるのかを話し合います。

○子どもについて話し合う

子どもの親権はどちらなのか、子どもと会うことはできるのかなどを話し合います。

○引っ越しの準備

いつ、どちらがどのような形で出ていくのかなど、引っ越しの手続きについて話し合います。

離婚が全てじゃない!離婚することを一度冷静に考えて

離婚でいいの?
ここまで離婚の方法や離婚時に気をつけることをみてきましたが、最後に重要なことをお伝えさせて頂きたいと思います。
「本当に離婚で良いですか?」
ここに一度立ち返って下さい。

離婚は離婚をする時のメンタル面もそうですが、離婚後の生活(主に収入・子育て)について離婚が本当に一番良い形なのかを一度冷静に考えてみましょう。
夫の浮気や不倫が見つかった時は、冷静に対応していたとしても実際は冷静な判断ができない状態であることがほとんどです。

さまざまな情報を手にした時に「本当に離婚で良いのか」に立ち返り、それでも離婚を決意した場合はしっかりと専門家に相談をして、一番良い形で離婚成立を目指していきましょう。

ABOUT ME
悩み辞典 管理人
累計相談数15,000件以上の相談サイト悩み辞典の管理人。弁護士や精神科医心理カウンセラーと仕事をして不倫や離婚相談にも多くの知見を持っている。
関連記事