浮気調査の料金ってどれくらい?

最近夫の様子がおかしい・・・
男性は女性に比べて浮気や不倫が態度に出やすいといわれています。

「もしかして浮気しているかも?」
はじめのうちは、そんな疑いの気持ちと葛藤していると思いますが、その勘が徐々に確信になってくると今後のことを考えなくてはなりません。

離婚するにしても、実際の浮気現場は抑えていますか?不倫(浮気)の証拠はもっていますか?
そんな時に頭に浮かぶ探偵(興信所)への浮気調査。

実際に夫の浮気調査を調査会社に依頼した場合にかかる料金とはどれくらいかかるのでしょうか?
今回は、浮気調査について詳しく説明させて頂きたいと思います。

浮気調査の料金はいくら?期間はどのくらい?

探偵社・調査会社ともに、浮気調査を依頼すると「基本料金+α」の費用が必要となります。「+α」は、調査内容や調査に要した時間、情報収集のために要した経費により変動します。

平均的な調査費用としては、下記の金額の通りです。

▶浮気調査(素行調査)費用の平均額


3日間の調査…15万円~25万円(1日5時間程度)
35日間の調査…25万円~35万円(1日5時間程度)
37日間の調査…35万円~45万円(1日5時間程度)

だいたい金額はこの平均金額の中で収まってくるかと思いますが、中には高額な料金を提示してくる探偵社もあります。
上記の平均額と比較してあまりに高額な場合は、その探偵社は避けた方が良いかもしれません。周りに探偵会社を使った友人も多くないと思いますので、しっかりとご自身で正しい情報をもって依頼をかけるようにしましょう。

浮気調査はまず無料相談から

本格的に探偵(興信所)に浮気調査の依頼を考えた時は、どういった工程で証拠を得るのか全体をお伝えさせて頂きます。
(※一般的な探偵事務所の工程ですので、場所によって少し異なる場合がございます。)

1)無料相談
一般的には電話で最初にコンタクトを取るケースが多いです。電話で現在の簡単な状況の話をして、ご自身が置かれている状況が本当に調査が必要な内容なのか簡単なヒアリングをします。

2)対面相談(無料のケースが多い)
実際に興信所(探偵事務所)または、別の指定の場所で対面相談を行います。この時に実際に調査をした場合にどのような調査になるかなどの説明があります。

3)見積もり
対面相談で見積りまで出るケースもありますが、あんたのがもっている情報を一度整理し最終見積もりを依頼する方が正しい見積もりが出てくるので一度ご自身の情報を整理しましょう。

4)調査開始
実際の調査が開始されましたら【中間報告】など、興信所から報告があります。

5)調査結果の報告
数回の中間報告の後に、決定的な証拠を得た場合には【最終の調査報告】をもらい、調査終了になります。

実際の「浮気調査報告書」には下記のような内容がまとまっています。

探偵・調査員による調査対象の行動を張り込み・尾行
浮気現場・不倫現場の証拠撮影(写真・動画)
浮気相手・不倫相手の特定

浮気調査で集める証拠とは?

不倫の証拠
浮気調査で集める証拠は浮気相手との間に肉体関係があったという事実です。
婚姻関係にある人が浮気や不倫をしたと立証するには、「配偶者以外の人物との肉体関係を持った事実」を証明しなければなりません。
キスや愛してるなどの親密なメールのやりとりをいくら見つけても、法律的には浮気とみなされず、裁判で使える証拠とはなりません。

裁判で使える浮気の証拠例
ラブホテルへの出入り写真相手宅への出入り写真証拠を録音した音声データ

調査会社に依頼することは料金はかかりますが、プロに依頼するメリットとして裁判で使える証拠を得られるというのがあります。
夫の浮気や不貞行為を明確にしたい、または疑いをはっきりさせたい、という場合は、妻が夫の行動を全て監視し証拠を押さえると言うのは、非常に難しいことです。
ここは、調査のプロに浮気調査を依頼することをおススメします。

調査報告の使い方

調査報告は必ず離婚の為に使うというわけではございません。
不倫(浮気)のゴールは離婚だけとは限りません。
実際に、どのような活用方法があるのかみていきましょう。

浮気をやめさせるきっかけにする・改心させる

証拠を持つことで、優勢に話し合いをすることができます。
ただし、使い方によっては夫も準備をする時間を与えてしまいますので、あせらず効果的に使うようにして下さい。

離婚の拒否・夫婦関係のやりなおしに使う

証拠を持つことは慰謝料請求ができることに直結します。
夫だけでなく、相手にも慰謝料請求できますので、それは夫にとっては脅しのネタになります。
これにより、離婚の拒否や夫婦関係修復のきっかけにするケースも少なくありません。

離婚にもちこむ

もちろん離婚に使える証拠ですので、この調査結果をもとに離婚にもちこむことができます。
証拠をもっていることで、離婚交渉についても優勢に進めることができるでしょう。

料金を低額に抑えるには

最後に、浮気調査の料金をできるだけ少なくするコツをご紹介させて頂きます。
プロによる浮気調査の費用は、その依頼内容や調査日数によって変動してきます。
基本的にプロに依頼した場合、調査費用は高額になりますが、この変動部分を小さくすることができれば費用を抑えることも可能となるのです。

調査対象者の行動パターンなどをあらかじめ調べ、情報提供をする
調査対象者に関する情報(年齢・車・携帯・会社など)

調査が短期間でスムーズにいくための情報提供が多ければ多いほど、調査費用は低額に抑えることができますので、調査を依頼する前にできるだけ多くの情報を集めるようにしましょう。

ABOUT ME
悩み辞典 管理人
累計相談数15,000件以上の相談サイト悩み辞典の管理人。弁護士や精神科医心理カウンセラーと仕事をして不倫や離婚相談にも多くの知見を持っている。
関連記事