離婚回避!離婚したくない方がとるべき行動とは?

「離婚したい」という夫の言葉に、夫の不倫を知っていたとしても、実際に言われたときに離婚に踏み出せる人は多くないかと思います。
まして、夫のことを好きな時は夫の離婚を受け入れらないでしょう。
今回は「離婚したくない」という方に、離婚の回避についてお話させて頂きたいと思います。
離婚を回避したいと思っている方はもちろん、2つの選択肢の間で迷っている方にも、幸せな未来に向けてどの道を選ぶべきか、その参考にしていただければ幸いです。

まずは離婚届の不受理申出の提出を!!

「離婚をしたくない」と思っている方は全員今は夫婦ですので、現在も一緒の家に住んでいるケースも多いです。
そのような状況では、夫が勝手に妻の印鑑を持ち出し離婚届を提出してしまう場合があります。
実は夫が勝手に出した離婚届けでも、受理されてしまうことがほとんどです。
役所は提出された書類に対して、本人確認は一切しません!

こような事態を避けるための制度として「離婚届の不受理申出」があります。
これは、提出された書類の効力を無くすというものです。

【不受理申出】についてはご自身が住んでいる役所の戸籍係にいくと書類はもらえますが、役所のサイトからもダウンロード可能です。
離婚回避の話し合いを安心して進めるうえでも、提出をしておくようにしましょう。

離婚回避のためにしてはいけないこと

それでは本題になります。
離婚回避に必要なことは何だと思いますか?

「冷静な状態」と「話し合いの場」です。

この2つが揃っていない状態では離婚回避は進まないです。まずはこの2つが揃う状況を作るように心がけましょう。

では、この「冷静な状態」と「話し合いの場」を作るために行ってはいけないことがあります。
それは

  • 別居はしてはいけません
  • 相手を否定してはいけません
  • 情報が無い状態での話し合いはしてはいけません

別居はしてはいけません

離婚を拒否された夫がその代案として別居の提案をしてくることは多いです。
離婚の意思と伝えた後に、一つ屋根の下で妻と一緒に過ごすことは、夫にとっても決して居心地のよいものではありません。
また自分から「離婚したいと」と伝えたのだから、家に何らかの嫌な部分があることは容易に想像できます。

しかし、離婚をしたくない妻の立場からすると別居を認めることがプラスになることはありません。
「話し合いの場」を作ることが困難になるだけでなく、離婚調停の準備時間を与えることにもなります。
別居を持ちかけられても認めず、一緒に住み続けましょう。

相手を否定してはいけません

「離婚をしたい」と伝えてきた夫が不倫や浮気をしていることは多いです。
もちろん別の理由の場合もありますが、多くの場合に不倫や浮気をしていると考えて良いでしょう。
妻からすると、不倫はするし、離婚したいというしで自分自身に全く否が無いと感じてしまい相手を否定したり、感情的に言葉を発してしまったりします。

このように夫に攻撃的な態度を取ることは、夫の離婚の意思を固めさせる逆効果の作用が働いてしまいます。
むしろ、自分が悪いという態度を示すことで相手に「辛い思いをさせてしまし申し訳ない」という気持ちにさせましょう。
罪悪感をもたせることは「話し合いの場」を作るきっかけにもなります。

情報が無い状態での話し合いはしてはいけません

離婚の回避
夫が離婚の意思を伝えてきたのには、必ず何かの原因があります。
「不倫・浮気」「家族の問題」「仕事のこと」などさまざまな原因が考えられる段階では良い話し合いはできません。

話し合いの場には、夫に伝えるための情報を持つようにしましょう。
不倫の証拠は離婚時だけでなく、離婚回避の場でも使えます。

離婚はお金の問題や親権問題など、現実的な決めごとが非常に多いです。
離婚に対して簡単じゃないという印象をつけられることができてば、離婚回避にも繋がります。

証拠を集めるのは探偵などの浮気調査に依頼するのが確実です。浮気調査の料金ってどれくらい?で詳しく書かせて頂いておりますので合わせてご確認ください。

離婚回避のために行うこと

「冷静な状態」と「話し合いの場」を作ることができたら、離婚回避に向けて動き出しましょう。
あなたが本気で離婚回避を望むのならば、次の3つを繰り返し行い、離婚回避を目指していきましょう。
正直不倫をされた妻からすると理不尽な内容も入っておりますが、この3つを意識することで夫婦関係は大きく改善します。

  • コミュニケーションを増やす
  • 第三者に相談をする
  • 相手を受け入れる

コミュニケーションを増やす

夫婦円満に必要な最大の要素は「コミュニケーションを増やす」ことです。
逆にいうとコミュニケーション不足は夫婦関係を壊すきっかけにもなります。

「おはよう・いってらっしゃい・おやすみ」などの日常の挨拶はもちろんですが、今日のあった事の話や相手の話を聞くスタイルをみせることも大切です。
コミュニケーションが増えることで、夫は罪悪感が増えるかもしれません。
コミュニケーションを増やすことで、居心地の良い空間ができるかもしれません。

少し意識をしてコミュニケーションを増やすようにしましょう。

第三者に相談をする

離婚についてはなるべく第三者に相談をするようにしましょう。
家族や友人でも良いですが、弁護士や離婚カウンセラーなどの専門家も効果的です。一人で悩み解決方法を模索することは時間の無駄です。
必ず協力者に相談をするようにしましょう。

相談相手としてはなるべく、中立な判断ができる人が良いです。
第三者が登場することでせっかく作り上げた「冷静な状況」が崩れてしまうこともありますので気をつけてください。

相談先についてはこちらにも記載させて頂いております。浮気・不倫・離婚の相談先は?どんな相談をすれば良いの?参考にしてください。

相手を受け入れる

夫婦といえど他人です。

育ってきた環境も違いますし、普段の生活スタイル、行動、夫(男として)のプライド、など夫の気持ちを無視して自分の価値観を押し付けていませんか?
自分の行動を一度見直して、相手を受け入れるようにしましょう。

また「離婚をしたくない」と強く思えば思うほど、夫の行動に敏感になり束縛をしてしまいます。
夫に夫婦でいること、家で生活することに居心地の良さを感じさせるためには、束縛はしないように意識しましょう。

相手の意思や行動はなるべく受け入れるようにしましょう。

不倫・浮気の場合は冷静になって選択を

不倫許す?許さない?
いかがでしたでしょうか?
もしかしたら相手の意志を変えることは難しいかもしれません。しかしあなたが「離婚をしたくない」と思っているならば離婚回避に動いてください。
離婚回避で必要な「冷静な状態」と「話し合いの場」この2つを意識するようにしましょう。

ただ、ここで一旦立ち止まって考えて頂きたいです。
「夫の不倫(浮気)を許すことができますか?」

最初は不倫という大きな裏切り行為に対し、驚き・怒り・悲しみなどの感情が一度に襲いかかってきて、なにも考えられないほど混乱してしまうことでしょう。
夫に事実を問いただしたい衝動と、それをしたら夫に捨てられるかもしれないという恐怖の板挟みに、苦しみ悩む方も多いそうです。
「離婚をしたくない」と思っているなら、なおさらその苦しみは大きいです。

不倫をした夫を許さず「離婚」という選択肢を選ぶか、夫の不倫を許して夫婦関係を「修復」する選択肢を選ぶか。夫の不倫を知った妻には、この2つの選択肢が突き付けられます。
もちろん、夫がした不倫という行為は許されるものではありません。
それでも、あなたが「離婚をしたくない」という選択肢を選んだのならば、今後2人で前を向いて生活する決意が必要です。

裏切られた気持ちをすぐに修復することは難しいかもしれません。
しかし、あなたの選択を信じて前に進むようにしてください。

愛しているなら離婚は選択しない

妻にとって夫の不倫が許せないのは、愛している男性からの裏切り行為だからに他ありません。できれば、不倫を清算させ元の夫婦関係を取り戻したいと、心の奥で思う方は少なくないと思います。
もしそういった気持ちが自分の中にあるのであれば、勢いで「離婚」を選択するべきではありません。今直面している問題や苦しみだけを見るのではなく、将来の自分、そして家族のことを考え、冷静に対応していきましょう。

ABOUT ME
悩み辞典 管理人
累計相談数15,000件以上の相談サイト悩み辞典の管理人。弁護士や精神科医心理カウンセラーと仕事をして不倫や離婚相談にも多くの知見を持っている。
関連記事