【浮気症】その特徴と改善方法は?本当に治るの?

多くの夫婦にとって悩みでもあり、脅威でもある問題の一つが【浮気症・浮気性】です。
浮気症とは、旦那もしくは妻が何度も繰り返す症状のことをいい、浮気症の人が浮気を繰り返す確率は「45%」というデータもあります。

今回は実際に浮気症の旦那に悩む妻のケースを見ながら、浮気症の特徴とその改善方法についてみていきたいと思います。

浮気を繰り返しては、妻のもとへ戻るだんな

幸絵さん(仮名)・45歳・主婦
長い間、だんなの浮気に困っています。

私のだんなは自他共に認める「浮気症」で、これまでに何度か不倫で問題になったことがあります。しかも、特に浮気の証拠を隠そうという意識がないため、必ず私にばれてしまうというお粗末さ。最初の方こそ、私もだんなの行為に傷つき、「離婚」を持ち出して喧嘩をしたり、子どもを連れて実家に帰ったこともありました。

しかしその度に、だんなは「ごめんなさい、もうしません。」と言って泣いて謝ってくます。けれどもその約束が守られるのも1~2年のことで、気付くとまた浮気をしているのです。で、また案の定私にばれて、「ごめんなさい、もうしません。」。

これを繰り返しているうちに、私の感覚がおかしくなってきたのでしょうか?

浮気はしょせん浮気。最後には私のところへ戻ってくるし離婚の意思もないようなので、「だんなの一番が私なら、いいか。」と思えるようになってしまいました。

それに、「浮気症」である以外は、本当に子煩悩な父親ですし、それなりに家庭も大事にしてくれています。ですので、浮気は困るけれど、離婚しないでこのままでいいかな、と思っています。

浮気症の特徴は大きく3つ

上記のケースでのポイントは、

・夫の一番が私ならいいか。
・私は夫からしっかりと愛されていることを実感できる。

ある意味、妻の悟りともとれる心情から離婚をせず結婚生活を続けると決断したケースになります。

しかし、このような浮気症に悩む妻は非常に多いです。
ここで浮気症の旦那の特徴について考えてみたいと思います。

浮気症の特徴については大きく3つあります。

  • 1)性欲が強い
  • 2)寂しがりや
  • 3)常にときめきを求めている

1)性欲が強い

はっきり言ってしまうと【エッチが好き】な性欲が強い浮気症タイプです。
とくかく肉食系の男は浮気症になる可能性が高いです。常に女の人お尻をおいかけているような男は浮気症という感覚は正直なく、とにかくエッチをするために何でもできてしまいます。

家族があってもナンパやお酒の勢いで口説くのは当たり前。
エッチの為に生きているような旦那さんはこのタイプになります。

2)寂しがりや

常にかまってほしい「かまってちゃん旦那」は寂しがりやの浮気症タイプです。
このタイプは「子どもができて、妻にかまってもらえない」「仕事から帰ってきても、夜が遅いから毎日家族が寝てしまっている」など、自分が一人になってしまったと感じて、普段会う職場の同僚などと浮気を繰り返します。

浮気がバレて妻と離れると、なおさら浮気を繰り返す少しやっかいな浮気症です。

※妊娠中の不倫については【妊娠中の不倫】離婚?慰謝料は?防ぐための解決方法は?でも詳しく書かせて頂いております。

3)常にときめきを求めている

自分がモテているという自覚をしたい、ときめき求める浮気症タイプです。
このタイプが一番治りづらい浮気症です。
世の中は同窓会、会社の飲み会、交流会など、男女の出会いの機会が多くあります。
その時に、可愛い子から声を掛けられた、たまたま隣にいた人と意気投合したなどで【ときめき】は生まれてしまいます。

また、このタイプは男性だけでなく女性も多いのが特徴です。
妻になり母になりと生活感が出れば出るほど、女性としての自信を失っていきます。
そんな時に運命的な出会いがあった時は浮気の始まりになることも多いです。

浮気症の1番の原因は?

マンネリ浮気症の1番の原因は【マンネリ】です。

まずはマンネリの意味からみていきましょう。
マンネリとは正式にいうと「マンネリズム(mannerism)」でこのマンネリズムを略してマンネリといいます。
意味は「新鮮味がなく型にはまっていること」をいい、もともとは美術や芸術の場面で使われてた言葉です。

夫婦にとって夫婦問題のほったんには必ずといっていいほど【マンネリ】があります。
今までは恋愛をしていた二人が生活の型にはまり、常に変わり映えのない日常が浮気という刺激を求め始めます。

つまり、浮気症を治すにはこのマンネリを解消すれば改善に向かうケースがあります。

浮気症の元凶【マンネリ】を解消する方法

では、このマンネリを解消する方法はあるのでしょうか?
主に次の3つが解消法になります。

  • 1)感情に変化を与える
  • 2)生活に変化を与える
  • 3)言葉に変化を与える 感謝

1)感情に変化を与える

感情に変化を与える方法はいろいろありますが、主にポジティブな感情を高める方法とネガティブな感情を高める方法があります。
ポジティブな感情を高める方法は「好き」を伝えることが1番です。
好きと言われて嫌な思いをすることは少ないかと思います。まして一度恋に落ちた2人なのですから「好き」の感情を伝えることマンネリを解消するきっかけになります。
また、ネガティブな感情を高めるのは「浮気をして傷ついた」ということを本気で伝えることです。人間は罪悪感を感じるとその反動で優しくなる特徴があります。
この優しさをきっかけにマンネリを解消していきましょう。

2)生活に変化を与える

生活に変化を与えることは以外と難しくありません。
いつもの食事に一品だけおかずを増やす、部屋の模様替えをして旦那の好きなものを置いてみる、手をつないて歩いてみる、などいつもの生活に少しづつ変化を与えることで、マンネリの解消につながっていきます。

3)言葉に変化を与える

1番変化を与えなければならない言葉は【感謝】です。
「ありがとう」という言葉を言っていますか?
お皿を洗ってくれて「ありがとう」、飲み物を取ってきてくれたから「ありがとう」、洗濯物を取り込んでくれたから「ありがとう」・・・
と生活していると当たり前になったこも、実は当たり前ではありません。
その度に「ありがとう」を伝えるとマンネリが少しづつ解消していくかと思います。

最終的に「離婚」も考えられるようにしましょう

浮気を繰り返すだんなへの対応「浮気症」と言われる男性の多くには、「常に愛してくれる人をそばに置いておきたい。」「女性にちやほやされることで男としてのプライドを満足させたい。」という心理傾向がみられます。
「妻は愛しているけれども、他にも自分を愛してくれる女性を持っておきたい。」身勝手な言い分ですが、コレを真剣に堂々と公言する男性もいるのです。

正気「浮気症」を治すのは難しいです。

多くの人にとって「浮気症」は不治の病のようなものです。

それでも夫に不倫を辞めさせたいのであれば、不倫相手に対して慰謝料請求を行うことを考えてみましょう。夫の病が治らないのであれば、相手の方に現実に戻ってもらうというのも良い方法だと思います。

今回のケースのように、夫を愛している、また夫から愛されている実感があるのであれば、「ま、いいか。」の精神でどっしりと夫を受け止めてあげるのも一つの方策です。が、努力はしてみたけれども「ま、いいか。」の精神になれないのだとしたら、その時は「離婚」という結論もありだと思います。

ABOUT ME
悩み辞典 管理人
累計相談数15,000件以上の相談サイト悩み辞典の管理人。弁護士や精神科医心理カウンセラーと仕事をして不倫や離婚相談にも多くの知見を持っている。
関連記事