不倫の修羅場!立場別その場の適切な行動を解説

夫婦関係にあるにも関わらず、他の人と不倫関係にあった場合、修羅場を経験することもあるでしょう。不倫相手とパートナーが一緒にいるところに出くわしてしまった、家に帰ったら不倫相手がいた…なんてこともよく聞く話です。
もし修羅場を迎えてしまったとき、どう対応するのが賢明なのでしょうか?
不倫している側不倫相手不倫されている側それぞれの行動を考えてみましょう。
夫婦関係について頻繁に相談を受けている専門家からの意見も聞いてみました。

不倫修羅場まとめ

村越先生

離婚カウンセラー:村越真里子先生

過去2万件を超える夫婦問題の相談にお答えしてきた夫婦問題のプロ
的確なアドバイスはもちろんですが、自身で浮気調査を行うこともでき、浮気調査で大切な心のケアは多く妻の助けになっている。
オフィシャルHPはこちら
悩み辞典
マイベストプロ

不倫がバレて修羅場になった時、全員が感情的になってしまうと収集がつかなくなるでしょう。場合によっては身の危険にさらされることも。修羅場になってしまったとき、まず行動しなければいけないのは不倫をしていた夫・妻です。その場でまず二人を引き離すこと。そしてその後の話し合いでは決して開き直らず、配偶者にも不倫相手にも誠意をもって向き合いましょう。なぜ不倫をしてしまったのか、今後どうしたいかを伝え、その後の行動は慎みましょう。
その後は慰謝料などの話も出てくるでしょうが、慰謝料問題はプロに相談した方が賢明です。

【不倫している側】不倫した夫または妻の当事者の行動について

まずは、不倫をした当事者(夫または妻)の行動についてみていきましょう。

ネット上には不倫の修羅場で「裸で逃げた」「開き直った」「土下座をした」など、さまざまな書き込みが見られますが、不倫をした当事者がまずやらなければならないことは、先生もお伝え頂いたように【2人を引き離すこと】です。

これは多くの場合、怒りの対象がパートナーではなく不倫相手に向くケースが多いことにあります。

最悪の場合、障害事件にもつながる可能性もあります。
何よりも2人を引き離すことを最優先で、冷静な話し合いの場を作るようにしましょう。

【不倫相手】不倫をした人の行動について

次に不倫をした人の行動についてみていきましょう。

相手が結婚いていると知っている状況、知らないで不倫をしていた状況、さまざまな状況がありますが、一番はその場を離れることです。

不倫の関係性の中で一番弱い立場にあるのが【不倫相手】です。
慰謝料が請求されるのもあなたです。
特に結婚を知らない場合は、不倫のショックと更に今後訪れる数々の問題に立たされるというダブルショックの状況かと思いますが、修羅場の状況で良い方向に進むことはありません。
まずは、その場を離れて修羅場を回避しましょう。

一番最悪の状況は、相手を責めることです。
ただせさえパニックの人に追い打ちをかけることは、何の解決にも繋がりません。

まずは、その場を離れ今後の相手との関係を考えたうえで冷静な話し合いの場を設けましょう。

【不倫されている側】不倫をされた夫または妻の行動について

夫または妻の「裏切り」で冷静になるのは正直難しいです。
しかし、感情的になることにメリットはありません。

離婚・不倫は「情報」が大切です。
今後を有利に進めるためにも、修羅場で感情的になって自分を不利な状況にする必要はありません。

まずは証拠を得たあなたが最も有利の状況であることを理解して行動しましょう。
全ての選択肢はあなたのところにあります。

修羅場を意図的に作ることも考えられます。その場合は不倫確定!修羅場を迎えて夫に逆襲した話も参考にしてください。

修羅場は多くの場合デメリットが多い

三角関係
その場にいる全員が感情的になってしまっては、不倫問題が解決することはありません。
よいも悪いも不倫問題を解決するのは「冷静な話し合いの場」です。

その上で、それぞれが今後のことを考えて冷静に判断してください。

不倫は当事者だけの問題ではないです。
ましては離婚に発展した場合は、多くの決めごとが発生します。
修羅場の感情的な場面で何かを決めることは難しいです。

一度その場は収拾することを第一に考えて、話し合いの場で今後を決めるようにしてください。

ABOUT ME
悩み辞典 管理人
累計相談数15,000件以上の相談サイト悩み辞典の管理人。弁護士や精神科医心理カウンセラーと仕事をして不倫や離婚相談にも多くの知見を持っている。
関連記事